よくある質問

よくある質問一覧

PUSHプロジェクトについて

PUSHプロジェクトとは何ですか?
TOPページ「PUSHプロジェクトとは」および「活動の目的」をご覧ください。
私たちの住む地域でもPUSHコースやPUSHプロジェクトを広めたいのですが……。
「PUSHコースを開こう」をご覧ください。
「PUSHコース指導者養成講習会」は、いつ開催していますか?
開催が決定次第「PUSHコース開催支援システム 公開講習会ページ」で都度ご案内しますので、そちらでご確認ください。
PUSHプロジェクトの広告(チラシ)や資料をもらえますか?
広告(チラシ)をご希望の場合は、有料(着払)にて承ります。事務局までメールでお問い合わせください。 ※日時の指定はお受けできかねます。
ホームページのイラストや画像を使っても良いですか?
著作権者の許可が必要です。無断使用は著作権法違反となります。ご自由にお使いいただける素材を、画像提供コーナー、また「PUSHコース開催支援システム」内にご用意しています。 注意事項を遵守してお使いください。システムにログイン権限のない方は「PUSHプロジェクトお問い合わせフォーム」からお問い合わせください。
資器材のレンタルはできますか?
当協会では資器材のレンタルはしていません。ご了承ください。
※あっぱくんライトにつきましては、レンタルをしている会社(救命コム)がございますので、ご自身で直接お問い合わせください。
質問をしたのに返事が届きません。
大阪ライフサポート協会「Q&A」ページ(Eメールについて、また協会について)をご覧ください。
「あっぱくん」は通電しますか? また電池内蔵ですか?
いいえ。
あっぱくんはスポンジ素材で出来た胸部に、笛を内蔵した心臓(ハート)をセットして、胸骨圧迫の練習をするものです。箱のフタを開ければすぐに胸骨圧迫の体験をしていただけます。また電池は入っていませんし、必要ありません。模擬AEDも入っていますが通電はしません。 詳しくは、大阪ライフサポート協会「関連商品」ページにあります「あっぱくん」の説明をご覧ください。
メッセージビデオに感動しました。イベント会場や講習会で上映したいのですが……
大阪ライフサポート協会「よくある質問」ページ(メッセージビデオについて)をご覧ください。
PUSHプロジェクトの取材をしたいのですが
事務局営業時間内に、大阪ライフサポート協会事務局へご連絡ください。

PUSHコース開催支援システムについて

「PUSHコース開催支援システム」とは、どういうものですか?
簡単に説明すると、受講証の発行をしたり、PUSHコースを行う際に必要な資料が入手できたりするシステムです。利用できる方など詳細条件については「PUSHコースを開こう」をお読みください。
初回利用登録をしたのにシステムにログインできないのですが?
「利用同意書」のFAXはお済みですか? システムより自動配信されたメールに添付されている「利用同意書」PDFファイルを、大阪ライフサポート協会事務局へFAX、またはメール添付でご提出いただかないとシステムをご利用いただけません。早急に事務局へ「利用同意書」をご提出ください。
初めてシステムを使うのですが、一定の画面まで行くと画面が真っ白になります
最近同様のお問い合わせをお受けします。おそらくお使いのパソコン、インターネット閲覧ブラウザのバージョンが、システムが作られた時期よりも新しいものだとそのような現象が起こるようです。別のパソコンで操作をしたら画面が映った、などの報告もありますので、違うパソコンを使ってみる、ブラウザの互換性を確認する、などをおすすめします。
※皆様がお使いのパソコンの性能、具合までは事務局では一切わかりかねますので、パソコンに関するご相談はお受けしかねます。

システムの使い方がわからないのですが……
ログイン後の画面、左側縦型のメニュー最下部に「オンライン手順書」があります。 ダウンロードしてご利用ください。パソコン本体の動作などについての不安、疑問がある方は、周囲のパソコン操作に詳しい方にご相談ください。事務局では皆様がお使いのパソコンがどのような動きをしているかは一切わかりかねます。
システムがうまく動かない気がする
閲覧しているブラウザは「Internet Explorer」以外ではありませんか? PUSHコース開催支援システムの推奨ブラウザは「Internet Explorer」です。それ以外のブラウザ(たとえば、google chromeやfirefoxなど)で閲覧・操作をされた場合、うまく作動しないことがあるかもしれません。推奨ブラウザ以外をお使いの場合のご相談は一切できかねます。ご了承ください。
間違って、登録していた講習会を「完了」処理してしまった!
完了処理したものは管理者(大阪ライフサポート協会事務局)でないと修正操作できません。
お問い合わせ欄より該当の講習会開催日時、開催場所等々の詳細をご連絡ください。担当者が内容を確認でき次第、修正作業いたします。
※営業時間外、休日、担当者不在の際はご依頼をいただいてもすぐに操作はできかねます。

心肺蘇生について

心肺蘇生(そせい)やAEDを操作するのに何らかの資格は必要でしょうか?
特に資格は必要ありません。必要なのは倒れた人を助けたいという気持ちだけです。ただし、トレーニングを受けていないと実際に行うことは難しいと思いますので、できるだけ講習会に参加してみて下さい。一度参加していただければ、何かできるという勇気を持っていただけると思います。
「心臓マッサージ」ではなく、「胸骨圧迫」というのはなぜですか?
心臓マッサージという言葉では、心肺蘇生に必要な、「胸を押して全身に血流をまわす事」を連想させにくいため、胸骨圧迫という言葉に統一することが決まりました。胸骨とは胸の真ん中にある骨で、この部分を強く押し、間接的に心臓を圧迫することで、止まってしまった心臓の代わりに全身に血液を送ることができると考えられています。
なぜ人工呼吸をしなくてもよいのでしょうか?
多くの心停止は胸骨圧迫(心臓マッサージ)のみの心肺蘇生で、人工呼吸を行う場合と同様の効果があることが分かってきたからです。詳しくは「Call and PUSH」をご覧下さい。
けいれんをみたらどうしたらいいのでしょうか?
心停止の直後には、けいれんが出ることもありますが、けいれんはすぐに収まります。てんかんなどによるけいれんとの区別が難しいこともありますが、反応がなく正常な呼吸がないと思えば、心停止と判断し、胸骨圧迫を開始してください。
意識がなく、苦しそうな「いびき呼吸」をしています。心停止との区別はどうすればよいですか?
正常な呼吸でないと思えば、胸骨圧迫を開始してください。
胸骨圧迫の際に、胸の位置が元の位置に戻るまで力を抜くことが重要なのは何故ですか?
胸が元の位置に戻る時に全身から心臓へ血液が戻ってきます。しっかり圧迫するとともに、元の位置に戻るまで力を抜くことで、胸骨圧迫の効果を最大にすることができます。
胸骨圧迫をしっかりと続けていると疲れてしまうのですが、どうしたらよいですか?
しっかりとした胸骨圧迫を継続するために、疲れる前に胸骨圧迫を交代する事を推奨しています。
胸骨圧迫で骨が折れたりすることはないですか?
折れることはありますが、それを恐れて胸骨圧迫をしなかったり、力を加減したりすると、結局その人を助けることはできません。しっかりと胸骨圧迫を行い、救命を最優先にしてください。

AEDについて

AEDが電気ショックする時に、倒れている人に触れているとどうなりますか。
感電するおそれがありますので、必ず離れていることを確認してください。
AEDの指示通りに使用して、除細動の適応ではない人に誤った治療をしてしまうことはないですか
AEDの解析診断は非常に正確で、心停止の人に使用する限り間違いはないと考えて結構です。
AEDが「解析中です。離れてください」と指示している時に、胸骨圧迫などを続けていればどうなりますか。
心電図の解析ができない等、治療の遅れなどにつながりますので、AED の指示に従ってください。
講習を受けていないと、AEDを使用してはいけないのでしょうか?
講習を受けていなくても、AEDを使用することができます。講習を受けていなくてもAEDを使用することは可能ですが、講習を受けていないとうまくAEDを使用できない可能性がありますので、できるだけ多くの方に講習を受けていただきたいと考えています。