PUSHコースを開こう

PUSHコースの開き方

PUSHプロジェクトでは、あなたが学校や地域や職場で心肺蘇生講習会を開催することを支援しています。

PUSHコース開き方講座

PUSHコース開き方講座 モデル提示としてのPUSHコースを受講し、引き続きコース開催のノウハウを80分でお伝えする簡易指導者養成講習会となっています。PUSH認定インストラクターになることはできませんが、ご自身の責任でコースを開催して、地域や学校へ心肺蘇生を広めていただくことを目的としています。
※このコースの受講ではPUSH認定インストラクターにはなれません
参加要件 PUSHコースを広げたいという思いがあれば、受講資格はございません
受講料 2,500円
(各種資料およびコース開催用DVD「救え!ボジョレー!!」付)
受講申込方法 「PUSHコース開催支援システム 公開講習会ページ」で、各地で開催される「PUSHコース開き方講座」の日時・会場が公開されます。
それぞれの専用申込フォームよりお申し込みください。
【PUSHコース開催支援システム 公開講習会ページ】
https://www.dokin-chan.com/pro/courses/public

PUSHコース開催支援システム

PUSHコースの開催をサポートするために「PUSHコース開催支援システム」を準備しています。
本システムを利用すると、ご自身でコース開催後に受講証を発行したり、PUSHコースのデモビデオ閲覧、各種資料のダウンロードなどができるようになります。是非、ご利用ください。
なお、本システムの利用にあたっては「PUSHコース指導者養成講習会」または「PUSHコース開き方講座」の受講が必要です。これらのコース受講時に開催支援システムへのログインキーワードパスワードをお伝えします。

講習用器材

CPRトレーニングボックス(通称あっぱくん®)というトレーニングキットを使用することで、胸骨圧迫とAEDの使い方を、短時間で効率よく学習することができます。
これらはPUSHプロジェクトが講習会開催に役立つと考えて開発した教材ですが、これ以外の教材を使っていただいても構いません。


↑大阪ライフサポート協会「関連商品」サイトへ移動します↑

普及活動をするためにお使いいただける画像

「PUSHプロジェクトを地元でも広めたい!」「受講生を集めるためにチラシやポスターを作りたい!」という方々のために、ご要望の多かった関連画像の提供を始めました。
以下の注意をよくお読みいただいた上で、ダウンロードをしてお使いください。

  • 画像は「心肺蘇生の普及にかかわる活動」にのみ、ご使用いただけます。
  • 掲載するツールは、チラシ、WEBサイトなど広報物に限ります。
  • 掲載したチラシ、WEBサイトには必ず「大阪ライフサポート協会 PUSHプロジェクトより転載」と明記してください。
  • 画像は提供されている形式のみとなります。その他形式や画質(もっと鮮明な画像が欲しい等)のご要望はお受けできかねます。
  • 圧縮フォルダ(zipファイル)での提供となります。ダウンロード後、解凍処理をしてご使用ください。なお、解凍方法はお使いのパソコン等により操作が異なる場合がありますので、ご自身でよくお調べになってからダウンロードをお願いいたします。
  • 固定比率での拡大縮小は構いませんが、縦横の比率を変える、反転させる、色を変える、一部を切り取る等の加工はお止めください(以下見本画像にて説明)。
  • 各画像には「©マーク」がついています。©マーク部分の表記を絶対に削除しないでください。「©マーク」は著作権者を保護するためのしるしです。

  • 提供データの名前部分をクリックして、画像をダウンロードしてください。
    ※圧縮フォルダのダウンロード先は、必ずご自身でお確かめください(お使いのパソコン、設定によって異なります)。

    PUSHプロジェクト画像 ※胸骨圧迫の方法を説明する画像がG2015対応になりました※
    ホームページで掲載されている使用可能の画像など
    あっぱくん画像、チラシ あっぱくんの画像とチラシ、救えボジョレーのジャケット
    ボジョレー(犬)イラスト 作者であるモンキャラメル様よりご提供いただきました。
    こちらでは3点、ダウンロードできるようになっています。
    それ以外のボジョレー版・心肺蘇生イラストは「PUSHコース開催支援システム」内にてダウンロードいただけます。



    AEDを使って、もっとたくさん救える人がいるはず。
    みんなでどうしたら救えるか考えてみよう!

  • 心臓病が原因で突然心臓が止まってしまう人は1年に7万人!(一日平均200人)
  • AEDと心臓マッサージ(胸骨圧迫)をすると救命率は約4倍
  • でもまだ救える命が救えていない
  • 自由研究用
    「心肺蘇生、AED使用法」用紙
    自由研究のテーマに「心肺蘇生」を選ばれたら、ぜひこちらの用紙をお使いください!
    ボジョレーのイラストで楽しく自由研究をサポート!
    講習会を紹介するページや、近くのAEDマップを作るページもご用意しています。
    ダウンロードしたファイルには「通常漢字表記版」に加え、漢字がまだ読めなくても大丈夫!な「ひらがな版」も入っています。